横浜市でバイク・原付の廃車処分

バイク処分.com では、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県・茨城県・山梨県など首都圏を含む関東一円のバイク・原付を無料で廃車回収いたします。

横浜市でバイク・原付の廃車処分が完全無料!

0120-089-010
お申し込みフォーム
LINE簡単申込
友だち追加

バイク処分.com が選ばれるわけ

バイク処分.com関東はここが違う!
同業他社とはココが違う!

日本国内のリユース市場(中古車市場)に販売することを目的としてないので、人気車や不人気車、古いバイクや動かないバイクなど基本的には引取りに条件がありません。
日本国内では不要となったバイクでもジャパンメイドのバイクやエンジンが海外で重宝され活躍しています。
(※ただし弊社基準で回収・引取り出来ないバイクもあります。)


バイク処分.com関東はここが違う!
安心・安全です!

審査の厳しい新聞(全国紙)への広告掲載や自治体から送付される税金納付書への広告掲載など認知度や信頼度を高める施策を積極的に行っております。
『完全無料』で回収・引取りをした台数はなんと2020年度で10,000台以上、2021年度は12,211台、2022年度は11,841台となりました。圧倒的な実績が信頼の証です。
ご依頼いただいたお客様からは多くの感謝のお声を頂戴しております。


バイク処分.com関東はここが違う!
地元密着の迅速対応!                

大和を起点に回収しているので、迅速かつ柔軟な対応が可能です。
引越などで時間がなくてもすぐに回収可能です。


バイク処分.com関東はここが違う!
完全無料です!

交通費・回収費・処分費・手続費・書類郵送費などを含めて全てが無料です。
どんな場合においても処分料金をいただく事は絶対にございませんのでご安心ください。
(※事故車両や部品の欠品が多い場合は引取りをお断りする場合があります。)


バイク処分.com関東はここが違う!
書類送付の心遣い!                

引取りの際に廃車手続きも依頼される場合、役所からの廃車証明書を引取日から約一ヵ月前後でお送りいたします。
(※軽二輪や小型二輪は廃車証明書のコピーをお送りいたします。)


悪質なバイク処分・引取り業者にご注意ください。

ホームページなどでバイクを無料で引取ると書いてありながら 実際に引取りに来てもらうと「無料と聞いてお願いしたが、お金を請求された…。」 という事例が報告されております。

『バイク処分.com』では引取り可能な車種であれば完全無料で引取り・回収をさせていただいております。
ご安心してお任せください。

『バイク処分.com』はバイクの無料処分・廃車の専門店です

バイク・原付なら完全無料で引取ります。手続き代行費等を含め、後に費用を請求する事は一切ありません。
引取りエリアは関東・東海・関西・中国・四国・九州まで、無料でお引取りに伺います
引取り先が大学や会社の駐輪場など、場所がわかればどこでもお伺いいたします。
長年放置していたボロボロの車両や、鍵を無くしたスクーターなど、全て無料で引取りいたします。
地方の実家に置いたままのバイクも回収可能です。
また放置バイクも回収できますので、どうしていいか分からないバイクでお困りのマンションやアパートの管理会社様やオーナー様はご連絡ください。
ご友人の原付、亡くなられた方のバイクなども対応できます。
どうしたらいいかわからないバイクの処分・廃車は当社にご連絡ください。

バイク・原付の処分費用に関して

バイク・原付の処分費用ですが、『バイク処分.com』では引取りから廃車手続きまで完全無料で行っています。お金を請求する事は絶対にありませんのでご安心ください。

『バイク処分.com』は国産の中古バイクや原付などを海外へ輸出している『株式会社バントレーディング』が運営しています。弊社は海外貿易を生業としており、国内で不要となったバイクや原付などを『完全無料』にて日本全国より回収・引取りを行い、京都本社のヤードで点検・整備を行ってから中南米やロシア・ウクライナなどの海外に輸出しております。また、海外に輸出が出来ない車両については、使える部品を分解・洗浄をしてからリサイクルパーツとして国内外の市場に供給するなど、リサイクルという側面から地球環境に配慮したサステナブルな社会の実現に貢献して参ります。

『完全無料な理由』を詳しく説明しておりますので、下記をクリックしてご確認ください。
なぜ完全無料なんですか?

日本全国より『完全無料』で回収・引取りをした原付・バイクの総数は2020年度で10,000台以上、2021年度は12,211台、2022年度は11,841台となりました。圧倒的なご依頼実績の『バイク処分.com』に安心しておまかせください。
(※川に捨てられたり事故でどの部品も使えない場合などは引取りをお断りしています。)

【ご注意】『バイク処分.com』と”酷似した名称”や”提携”などを匂わせた表記の同業他社が存在しております。「無料と聞いてお願いしたが、お金を請求された…。」などのトラブルは弊社運営の『バイク処分.com』とは全く関係ございません。『バイク処分.com』では引取り可能な車種であれば完全無料で引取り・回収をさせていただいております。必ず「会社概要」をご覧いただき『株式会社バントレーディング』が運営しているかをご確認ください。


回収実績

【 株式会社バントレーディング official movie 】


横浜市で回収しているバイク

●不動車、●鍵無しバイク、●エンジンがかからない、●シートが破れている、●外装が割れている、●錆や劣化が酷い、●部品が欠品している、●車検証が無い、●何十年も放置していたなど、バイク処分.com では無料で回収から廃車処分まで行っています。ナンバープレートの返納など、廃車手続きも回収と一緒に無料で行っていますので、役所への手続きが面倒な方はご利用ください。

※下記のバイクは回収出来ない可能性がありますのでご了承ください。
①外観がほとんど原型を留めてないバイク、②川などに水没していたバイク、③燃えたバイク、④電動バイク(充電器があれば回収可能)

※また下記のバイクは回収が出来ませんので予めご了承ください。
①盗難バイク、②盗難届を解除していないバイク、③所有者の了承を得てない他人名義のバイク

無料バイク引取り例
不動車
無料バイク引取り例
シートが破れている
無料バイク引取り例
外装が割れている
無料バイク引取り例
錆びや劣化が酷い
無料バイク引取り例
バッテリーあがり
無料バイク引取り例
車検切れ

無料回収対象原付例


申し込み

『バイク処分.com』へのお申込み方法

STEP1廃車申込みフォームまたはお電話にてご連絡ください

0120-089-010
お申し込みフォーム

STEP2お引取り希望日時のご連絡

お引取り希望日時のご連絡
担当スタッフから折り返しご連絡します

当社オペレーターがお客様のお名前・ご住所・電話番号・バイクの車種・廃車手続きの有無をお聞きした後、引取り担当者が折り返しお電話にて、引取り希望時期をお聞きいたします。メールでの廃車依頼をご希望のお客様は、上記のお申し込みフォームからバイクの車種、ご希望の引取り時期をご記入ください。


STEP3バイクをお引取りに伺います

バイクをお引取りに伺います
ご指定の日時にお伺いします

当社の担当者がお引取りに伺いますので、所定の手続きに必要な書類をご用意いただきお待ちください。


STEP4手続きの完了!!

手続きの完了!!
手続き完了までお待ちください

手続き完了後、各書類を郵送させていただきます。


お申込みはこちらから

よくある質問

なぜ完全無料なのですか?

弊社では日本全国より回収したバイクを京都本社のヤードで点検・整備を行ってから海外に輸出しております。
日本国内のリユース市場(中古車市場)に販売することを目的としてないので、人気車や不人気車、古いバイクや動かないバイクなど基本的には引取りに条件がありません。
また、壊れて動かないバイクも使える部分を分解・洗浄をしてからリサイクルパーツとして国内外の市場に供給しているので、一部の車種を除いて完全無料で引取が可能となっています。

日本全国より『完全無料』で回収・引取りをした原付・バイクの総数は2020年度で10,000台以上、2021年度は12,211台、2022年度は11,841台となり、ご依頼いただいたお客様からも数多くの感謝の声を頂戴しております。

どんなバイクでも引き取ってもらえますか?

●不動車、●鍵無しバイク、●エンジンがかからない、●シートが破れている、●外装が割れている、●錆や劣化が酷い、●部品が欠品している、●車検証が無い、●何十年も放置していたなど、バイク処分.com では無料で回収から廃車処分まで行っています。ナンバープレートの返納など、廃車手続きも回収と一緒に無料で行っていますので、役所への手続きが面倒な方はご利用ください。

※下記のバイクは回収出来ない可能性がありますのでご了承ください。
①外観がほとんど原型を留めてないバイク、②川などに水没していたバイク、③燃えたバイク、④電動バイク(充電器があれば回収可能)

※また下記のバイクは回収が出来ませんので予めご了承ください。
①盗難バイク、②盗難届を解除していないバイク、③所有者の了承を得てない他人名義のバイク

カギがないのですが?

カギがなくても大丈夫です。
また、U字ロックがかかっている場合も引取りいたします。

10年ぐらい乗っていないバイクでも大丈夫ですか?

埃がかぶっていても引取りいたします。壊れて動かなくても大丈夫です。

3輪バイクは引取りしてもらえますか?

3輪バイクは引取可能です。

遠方にいて立会えないのですが?

立会い無しでも処分は可能です。 立会いできない場合は立会い無しで処分する場合を参考にしてください。

Google 口コミ

回収実績

横浜市でバイク・原付の廃車手続きについて

当社ではバイクの引取から廃車手続きまで全て無料です。
ご自身で廃車手続きが面倒な方や、平日に時間がとれなくて役所や運輸支局に行く時間の無い方に、当社ではバイクの無料引取と一緒に、無料で廃車手続きも代行しています。
バイクの引取はお願いしたいけど個人情報を伝えるのは不安という方には、バイク引取の際にナンバープレートを外してお渡しする事も可能です。
またご自身でバイクの廃車手続きを行う方は、下記を参考にしてください。

原付など(排気量125cc以下)のバイクの廃車手続き方法

原付など排気量125cc以下のバイクの廃車手続きを行う場合、ナンバープレートを管轄する役所に返納する事で廃車手続きを行う事ができます。
※大きな市によっては、役所ではなく税を管轄する市税事務所の場合もありますので、役所に行く前にHPでご確認ください。
役所の軽自動車税(種別割)の担当する課でナンバープレートを返納して「軽自動車税廃車申告書兼標識返納書」に記入して捺印する事で、廃車の手続きを行えます。
役所から「廃車申告受付書」を発行してもらえば、廃車手続きが完了になります。
※だいたい10分ぐらいで廃車手続きは完了します。

軽二輪(排気量126cc以上250cc以下)のバイクの廃車手続き方法

軽二輪(排気量126cc以上250cc以下)のバイクを廃車にする場合は、管轄する運輸支局でナンバープレート返納する事で廃車手続きが完了します。
運輸支局の二輪の廃車を担当する課でナンバープレートを返納して「OCR申請書 軽二輪第5号様式」の申請書に鉛筆で内容を記載して、捺印すれば廃車手続きを行えます。
運輸支局から「軽自動車届出済証返納証明書」を発行してもらえば、廃車手続きが完了になります。
※だいたい1時間ぐらいで廃車手続きは完了します。

小型二輪(排気量251cc以上)のバイクの廃車手続き方法

小型二輪(排気量251cc以上)のバイクを廃車にする場合は、管轄する運輸支局でナンバープレート返納する事で廃車手続きが完了します。
運輸支局の二輪の廃車を担当する課でナンバープレートを返納して「OCR申請書 3号様式の2」の申請書に鉛筆で内容を記載して、捺印すれば廃車手続きを行えます。
運輸支局から「自動車検査証返納証明書」を発行してもらえば、廃車手続きが完了になります。
※だいたい1時間ぐらいで廃車手続きは完了します。

当社で廃車処分をする際にご用意いただく書類など

ご自身で廃車手続きが面倒な方や、平日に時間がとれなくて役所や運輸支局に行く時間の無い方に、当社では無料で廃車手続きも代行しています。
バイクを廃車する際に必要な書類は、排気量によってそれぞれ用意する書類が違います。

  • 原付など排気量125cc以下のバイクなら【標識交付証明書】
  • 排気量126cc以上250ccまでの中型バイクなら【軽自動車届出済証】
  • 排気量が251cc以上の大型バイクなら【自動車検査証】
また、ナンバープレートはバイクに付いたままで大丈夫です。
当社で廃車手続きをした際は、バイクを引取り後すぐに役所への手続きを進めます。
手続きが終わり次第、お客様に書類を郵送でお届け致します。
※書類やナンバープレートが無い場合でも廃車する事は可能ですので、当社にご依頼下さい。

バイク・原付の登録書類が無い場合

バイクの廃車手続きの際には、排気量によって廃車手続き方法が違います。
また廃車手続きを行うにあたっては、色々と必要な書類を揃えなければなりません。
しかし長年保有した後の手続きの場合、必要書類を紛失していることがあります。
原付の場合などはメットインの中に書類をいれておく事がほとんどですが、大きなバイクの場合は書類をいれておくスペースが無くで、家で保管していたが無くしてしまう事も多々あるのが現状です。
そのような登録書類が無い場合でも、当社では役所や運輸支局で廃車手続きを無料で代行させていただく事が可能です。
引取の際にお持ちする委任状などに

  • 【所有者の方の名前】
  • 【所有者の方の登録住所】
  • 【所有者の方の生年月日】
  • 【所有者の方の電話番号】

を記入していただき、捺印していただければ大丈夫です。


バイク・原付の廃車手続きを行う役所や運輸支局

ここでは廃車手続きを行う役所や運輸支局の詳細を記入していますので、ご自身で廃車手続きを行う方は参考にしてください。
原付バイクなど(排気量125cc 以下)を廃車にする場合は、バイクを登録した役所にナンバープレートを返納する事で、廃車の手続きは完了となります。
中型以上(排気量126cc 以上)のバイクを廃車にする場合は、バイクを登録した運輸支局にナンバープレートを返納する事で、廃車の手続きは完了となります。


原付など(125cc 以下)

●標識交付証明書
 (無くても大丈夫です。)
●ナンバープレート
●印鑑(三文判・認印でOK。)
横浜市役所のホームページはこちら→[web]
住所 〒231-0017
神奈川県横浜市中区港町1-1 横浜市役所
電話番号 045-671-2253
返納先 財政局 主税部 税務課 市民税担当
地図

軽二輪(126cc 以上250cc 以下)

●軽自動車届出済証の原本
●ナンバープレート
●印鑑(三文判・認印でOK。)
お客様で廃車手続きをされた場合
●軽自動車届出済証返納証明書が必要です。

小型二輪(251cc 以上)

●自動車検査証の原本
●ナンバープレート
●印鑑(三文判・認印でOK。)
お客様で廃車手続きをされた場合
●自動車検査証返納済証明書が必要です。
神奈川運輸支局のホームページはこちら→[web]
住所 〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3540 神奈川運輸支局
電話番号 050-5540-2035
返納先 二輪車の廃車を担当する窓口
地図

バイク処分の事例

  • 横浜市西区にお住まいのY様より乗らなくなった原付バイクの処分依頼を受けました。

    引取ったバイクは、ホンダのTACT。

    依頼をいただいたY様のお父様がの日常の足として使用していた原付バイクでした。

    外装は傷などもなく非常に綺麗な状態でしたが、実はエンジンの調子が悪く修理するにもそこそこの金額が掛かってしまうことが判明したとのこと。

    やはりお父様の年齢や安全を考えるとこの機会に処分したほうが良いのではないかという結論に達し、引取り業者をネットで検索したところ『バイク処分.com』を見つけていただいたそうです。

    「ナンバーの返納も本当に無料なんですか?」とご質問いただきましたが、もちろん「回収や廃車などの作業全てを含めてお客様から費用をご負担いただくことはありません。完全無料で対応させていただきますのでご安心ください。」とお伝えしました。

    引取り当日はY様とお父様のお二人にお立合いをしていただき、滞りなくご依頼いただいたバイクの回収が完了。

    お父様には廃車手続きに必要な書類の記入にご協力をいただきました。

    ほどなく廃車手続きも完了し、廃車書類をお父様のご住所に郵送させていただきましたところ、わざわざ感謝のお電話を頂戴しました。

    お客様から頂戴するこのようなお気遣いやお言葉が我々スタッフの励みにもなります。

    この度ご依頼、回収させていただいたバイクは、当社の京都本社に併設されている専用ヤードにて大事にリユース・リサイクルさせていただきますね。

    2021年は日本全国から12,211台、2022年も11,841台と圧倒的な数のお客様からご依頼をいただくとともに、暖かい感謝のお言葉を頂戴いたしました。

    ≪”Google 口コミ”は下記からご確認ください≫
    https://search.google.com/local/reviews?placeid=ChIJXVw-X8dbGGARwYq8UWiURCA

    乗らなくなったバイクや故障して動かななくなった原付などの無料引き取りは、信頼と実績の当社にに安心してお任せください。

    『バイク処分.com』では、軽い事故車や鍵が無くなってしまったバイクも無料で引取りをおこなっております。

    もちろんシートが破けていたり、タイヤがパンクしていても問題ありません。

    「廃車が面倒だな…」という方も無料で廃車手続きの代行を行っておりますので、ぜひお気軽にお問合せ・ご依頼くださいませ。

  • 横浜市鶴見区にお住まいのS様より乗らなくなった原付バイクの処分依頼を受けました。

    引取ったバイクは、ホンダのDioチェスタ。

    雨ざらしの場所に置いていたそうで多少の汚れはありましたが、痛みが少ない綺麗な状態の一台でした。

    S様は「パートに行くときに通勤で使っていたんだけど、パートを辞めてしまったから不要になっちゃったのよね…近所のバイク屋さんに引き取ってもらうようお願いしたんだけど、お金が掛かるって言われちゃったのから…。無料で引き取ってもらえるところが無いかと思って娘に相談したら、見つけてくれたのが”バイク処分.com”さんなんです」とのことでした。

    やはり気になっていたのは費用のことだそうで、「本当に無料で回収してくれて、ナンバーの返却までしてくれるの?」とのご質問でした。

    「もちろん全て無料で対応させていただきますのでご安心ください!」とお伝えしました。

    ”バイク処分.com”では、バイクの引取りから廃車手続きを含めて一切無料にて対応させていただきますので、お客様から費用を負担していただくことは絶対にありません。

    よくお客様から『ほかの業者に電話で問い合わせたら”無料で大丈夫ですよ”って話だったから来てもらったけど、実際にバイクを見たら急にお金を請求してきたんだよね…』などというお話しを伺うことがあります。

    しかし”バイク処分.com”では、そのような『詐欺行為』とも思えるような対応は絶対に行いません。

    ではなぜ”バイク処分.com”が廃車を含めて全て無料で対応出来るのかを説明しますと、当社”(株)バントレーディング”では回収させていただいた不要バイクやオークションなどで買付けた中古バイクを必要としている諸外国に安価で輸出することで利益を得ているため、お客様が費用負担をすることのない『完全無料』を実現しております。

    ここが他社と”バイク処分.com”の決定的な違いとなっているんですね。

    2021年は日本全国から12,211台、2022年も11,841台と圧倒的な数のお客様からご依頼をいただくとともに、暖かい感謝のお言葉を頂戴いたしました。

    乗らなくなったバイクや故障した原付などの無料引き取りは、信頼と実績の”バイク処分.com”に安心してお任せください。

  • 横浜市神奈川区にお住まいのK様より乗らなくなった原付バイクの処分依頼を受けました。

    引取ったバイクは、女性に人気のあるレッド系のヤマハのJOG。

    毎日学校に通学する際に乗っていたバイクなんだとか。

    K様は「春からの新生活で都内に引っ越しをするので、出来ればそのタイミングで引き取っていただけないでしょうか?」とのお問合せでした。

    更に「当日は立ち合いが厳しそうなんですが立ち会い無しでも大丈夫でしょうか?」と彼女。

    もちろん”バイク処分.com”では「お立ち会い無しでの回収」も可能となりますのでご安心ください。

    引取り担当者とお客様との間で引取り当日の綿密なお打ち合わせをさせていただきますので、当日は安心して「お立ち会い無しでの回収」をお任せください。

    回収させていただいた大切なバイクは当社で修理・整備して、大事にリユース・リサイクルをさせていただきますね。

    ”バイク処分.com”は中古バイク輸出企業である”(株)バントレーディング”が運営しておりますので、他社では考えられない完全無料を実現しております。

    回収・引取りを行ったバイクは京都本社の専用ヤードで点検・整備を行ってから海外に輸出し、輸出が出来ない車両については、使える部品を分解・洗浄をしてからリサイクルパーツとして利益を出しています。

    ですので、お客様に”費用”をご負担いただくことなく交通費や回収費、処分費や廃車手続に係る費用なども含めて全て無料で引取りが可能となっております。

    お客様からは多数の感謝のお言葉を頂戴するとともに、昨年は日本全国から11,841台ものバイクを回収のご依頼をいただきました。

    日々の『回収実績』やご利用者様にご記入いただいた『googleの口コミ』の口コミをホームページにも掲載しておりますので、ぜひご確認くださいませ。

    ≪日々の『回収実績』は下記からご確認ください≫
    https://819shobun-kanto.com/collection-record/

    乗らなくなったバイクや動かなくなった原付などの『無料引き取り』は、信頼と実績の”バイク処分.com”に安心してお任せください。

  • 横浜市保土ヶ谷区にお住まいのN様より乗らなくなった原付バイクの処分依頼を受けました。

    引取ったバイクは、配達に使用していたというホンダのスーパーカブ。

    「仕事を辞めてから全く乗らなくなってしまって、2年ぐらい車庫で放置しちゃってたんだけど、なんだかんだで税金も掛かってくるしこの際処分したいんだよね!」とのお問合せでした。

    もし当社に『廃車手続きの代行を含めてご依頼』いただいたとしても、お問合せいただいたのが2月上旬でしたので、税金の掛かってしまう3月末までの廃車手続き完了も問題ない状況でしたのでその旨をご案内させていただきました。

    最終的にはバイクの回収と廃車手続きの代行を含めたご依頼をいただき、無事に2月度内で廃車手続きが完了いたしました。

    N様には廃車書類をお送りすると、わざわざお電話にて感謝のお言葉まで頂戴し、スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。

    今回のケースではお客様より『税金』という重要なワードが飛び出しましたが、廃車手続きで注意しなければならないのは『3月31日』という期限です。

    原付やバイクなどに掛かる軽自動車税とは、『4月1日』時点で所有者登録のある方に対して課税されますので、『3月31日』までに廃車手続きを終えないと税金が発生してしまいます。

    この課税されてしまった税金については”納税の義務”となりますので、もし払わない状況が続きますと最悪のケースだと財産が差し押さえられるなんて可能性も否定できません。

    ”バイク処分.com”は中古バイク輸出企業である(株)バントレーディングが運営しておりますので、お客様に費用をご負担いただくことなく交通費や回収費、処分費や廃車手続に係る費用なども含めて完全無料での対応が可能となっております。

    2021年は日本全国から12,211台、2022年も11,841台と圧倒的な数のお客様からご依頼をいただくとともに、暖かい感謝のお言葉を頂戴いたしました。

    乗らなくなったバイクや動かななくなった原付などの無料引き取りは、信頼と実績の当社にに安心してお任せください。

    ”バイク処分.com”では、軽い事故車や鍵が無くなってしまったバイクも無料で引取りをおこなっております。

    もちろん、シートが破けていたり、タイヤがパンクしていても大丈夫です。

    廃車手続きが面倒だという方も完全無料で代行していますので、お気軽にご依頼ください。

  • 横浜市旭区にお住まいのE様より乗らなくなった原付バイクの処分依頼を受けました。

    引取ったバイクは、鍵を無くして不動となってしまった青色のホンダToday。

    「鍵を無くしてしまってそこから乗らなくなってしまってね…そんな不動の原付なんだけど回収してもらえますか?」とのお問合せでした。

    もちろん”不動”のバイクでも問題なく回収させていただきます。

    ”バイク処分.com”では、上記のような鍵を紛失してしまったバイクや原付だけでなく、軽い事故車やシートが破けていたり、タイヤがパンクしていても喜んで回収させていただきます。

    このような”不動”の原付やバイクでもお客様の費用負担は一切ございません。

    ”バイク処分.com”は中古バイク輸出企業である(株)バントレーディングが運営しておりますので、『回収対象』となっている原付やバイクであれば、お客様に費用をご負担いただくことなく完全無料での対応が可能となっております。

    ”バイク処分.com”では、皆様より回収させていただいたバイクや原付を京都本社の専用ヤードで点検・整備を行ってから海外に輸出し、輸出が出来ない車両については、使える部品を分解・洗浄をしてからリサイクルパーツとして利益を出しています。

    2021年は日本全国から12,211台、2022年も11,841台と圧倒的な数のお客様からご依頼をいただくとともに、暖かい感謝のお言葉を頂戴いたしました。

    もちろん、不動の原付やバイクの廃車手続きについても引取りと同時に完全無料で代行していますので、お気軽にご依頼くださいませ。

    不動になってしまったバイク・不要になった原付のお困りごとは、信頼と実績の”バイク処分.com”に安心してお任せください。





tag:

各エリアのバイク処分.comはこちら

【バイク処分.com 東海】対応エリア

【バイク処分.com 関西】対応エリア

【バイク処分.com 中国】対応エリア

【バイク処分.com 四国】対応エリア

【バイク処分.com 九州】対応エリア

バイク処分.com 関東

関東エリアのバイク・原付を無料で回収!

バイク処分.com 東海

東海エリアのバイク・原付を無料で回収!

バイク処分.com 関西

関西エリアのバイク・原付を無料で回収!

バイク処分.com 中国

中国エリアのバイク・原付を無料で回収!

バイク処分.com 中国

四国エリアのバイク・原付を無料で回収!

バイク処分.com 九州

九州エリアのバイク・原付を無料で回収!

バイク処分.com 九州南

九州南エリアのバイク・原付を無料で回収!

バンガレージ

中古バイクや原付を激安価格で販売中‼


バイク処分.comの対応エリア

バイク処分.com では、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県・茨城県・山梨県など首都圏を含む関東一円のバイク・原付を無料で廃車回収いたします。

古物商認定業者
京都府公安委員会 第612240530008号

Copyright© 2014?2023 東京都・神奈川県・横浜市を中心に関東一円のバイク・原付を無料で廃車回収 バイク処分.com All Rights Reserved.