バイク処分.comからの新着情報

バイク処分.com では、東京都・横浜市・神奈川県・埼玉県・千葉県のバイク・原付を無料で廃車回収いたします。

動かないバイクは早く処分するべき!その理由と処分方法は?

2021-05-14
2021-05-07

バイクが動かなくなってしまった場合、部品は使えそうだから、リサイクルに出す手続きをするまでとりあえずそのまま置いておこうとされる人がいるようです。しかし、早急に処分する手続きをしなければ、損してしまう可能性があります。今回は、動かないバイクを早く処分したほうが良い理由や、処分方法をご紹介します。

動かないバイクは早く処分した方がよい

動かなくなったバイクは、どうして早く処分したほうが良いのでしょうか。その理由は、軽自動車税が、発生してしまうからです。軽自動車税は、軽自動車を持っていることで課税されるので、動かなくなっているバイクでも、所有しているとみなされれば、税金がかかります。でも、すぐに処分しに行けない・・・ということもありますね。そのような場合は、まず廃車手続きだけ先にしておきましょう。廃車手続きができていれば、税金は発生しません。
軽自動車税は、毎年4月1日の時点で、バイクを所有していると課税対象となってしまいます。排気量が126cc以上のバイクと、中型・大型バイクの場合は、自動車重量税も支払いが必要となります。動かないバイクなのに、税金を支払わなければならないとなると、かなり損してしまうことが分かりますね。そのため、早めに廃車手続きをして処分するのがよいです。

動かないバイクの処分方法

動かなくなってしまったバイクは、どのように処分すればよいのでしょうか。処分方法は6つあります。ご自身に合った処分方法で処分するようにしてください。

■買取業者へ依頼

買取業者は、動かなくなってしまったバイクでも修理して販売したり、部品やパーツが使えそうと判断した場合は、買取してくれることがあります。査定してもらい、動かなくてもお金に換えられるのであれば、買取業者に依頼してみるとよいでしょう。

■バイクショップに依頼

いつも利用しているバイクショップがあるなら、バイクの処分をお願いできるかもしれません。長く付き合いがあるバイクショップの場合、無料で処分してくれたり、格安で引き取ってくれる可能性があります。何度も利用している場合、良心的な対応をしてもらえることが多いので、相談してみると良いでしょう。

■廃車専門業者に依頼

あまり手間をかけないで処分できるのが、廃車専門業者です。無料で処分してくれる可能性が高く、面倒な廃車手続きも行ってくれることがあります。地域密着型の店舗なら、対応もスムーズです。地元に無い場合、出張費を請求される可能性もあるので、事前に確認しておきましょう。

■二輪リサイクル指定引取場所へ持って行く

バイクがリサイクル対象となっている車両であれば、二輪リサイクルシステムに基づき、無料で処分できます。条件があるので、ご自身のバイクが条件を満たしているのか確認しましょう。指定取引所が決められているので、その場所に持って行き手続します。リサイクルすることで、資源として活用されるので、環境にも配慮できる処分方法です。

■廃品回収業者に出す

車体の状態があまり良くない場合、買取や引取をしてもらえない可能性があります。そのような場合は、廃品回収業者に依頼して、引き取りしてもらいましょう。廃品回収業者を選ぶ際は、きちんと「一般廃棄物収集運搬業許可」を取得していて、許可番号を公開していること、料金が明確であること、ホームページがあることなどが選ぶ基準となります。悪徳業者もいるとされているので、注意してください。

■廃棄二輪取扱店で処分

二輪リサイクル指定引取場所に自分で持って行くことができないという場合は、廃棄二輪取扱店に引き取りに来てもらうとよいでしょう。リサイクル対象の車両で、条件を満たしているのであれば、依頼することができます。運搬費は発生しますが、車体の処分にかかる費用は無料です。

ローンが残っている場合は?

バイクを処分する場合、ローンの支払いが残っているのであれば、勝手に処分することはできません。所有権がバイクショップや、ローン会社、銀行となっている場合は、ローンが完済できていなければ、バイクを売ることができないからです。ただし、ローンの組み替えを行う、バイク査定額とローンの残り金額を相殺して処分するという方法が行える場合もあります。これはバイク買取店だけで行えることなので、ローンが残っている場合は相談してみてください。廃車専門業者の中には、ローン対応してくれる業者さんも一部あるようです。問い合わせしてみましょう。所有権がご自身にある場合は、廃車処分後に、ローンの支払いだけが残る形となります。

まとめ

動かないバイクを早く処分したほうが良い理由や、処分方法についてご紹介しました。ローンが完済で来ていない場合の処分は、どこでも対応できるわけではないので、この場合は少し注意が必要でしょう。ローンを払い終わっているのであれば、ご紹介した処分方法の中で、最もご自身に合う方法で、処分するのがおすすめです。

バイク処分.comの対応エリア

バイク処分.com では、東京都・横浜市・神奈川県・埼玉県・千葉県のバイク・原付を無料で廃車回収いたします。

古物商認定業者
京都府公安委員会 第612240530008号

Copyright© 2014?2021 東京都・神奈川県・横浜市を中心に関東一円のバイク・原付を無料で廃車回収 バイク処分.com All Rights Reserved.