バイク処分.comからの新着情報

バイク処分.com では、東京都・横浜市・神奈川県・埼玉県・千葉県のバイク・原付を無料で廃車回収いたします。

意外と知らない!劣化しているバイクを処分する方法

2021-04-24
2021-04-07

バイクが古くなってしまって乗れそうにない・・・という場合、どのように処分すればよいのでしょうか。今回は劣化してしまったバイクの処分方法についてまとめてみました。古いバイクの処分にお悩みの方はぜひ参考にしてください。

バイクの劣化とは?

バイクは、真冬になると乗らないという人もいるでしょう。しかし、保管状況が悪いと、各パーツが劣化してしまい、春に乗ろうとしたら動かなくなっていた・・・ということもあるのです。バイクには、様々な部品がついていますが、それらは動かさなくても劣化していくものが沢山あります。

バッテリーの劣化

バイクのバッテリーは、何もしていない状態でも放電していきます。走らせている時は、充電しますので、バッテリーが上がってしまうこともないのですが、保管中は充電することもないですので、劣化が進みやすいのです。バッテリーは交換可能な部品なので、交換すればバイクを動かすことはできますが、頻繁に買い替えるとなると費用もかかってしまいます。
できるだけバッテリーを劣化させないように、保管中は外すか、途中で充電するようにしてください。

ガソリンタンクの劣化

ガソリンタンクは、動かしている間は、タンク内部がオイルでコーティングされる状態になるのですが、保管している時は、ガソリンが使われないので内部が錆びてしまいやすいです。タンク内部の劣化は気が付きにくいということもあり、注意が必要です。タンクが満タンになっていれば、劣化しにくいので、保管前にはしっかり給油しておきましょう。

タイヤの劣化

タイヤも劣化します。特に地面に接触している部分は、劣化しやすいので注意しましょう。メンテナンススタンドを置いて、タイヤを浮かせておけば安心です。

金属パーツのサビ

バイクは金属パーツがむき出しになっている箇所が複数あります。このような箇所は、雨や雪にさらされることで、さびやすくなっているので、劣化しやすいです。パーツが破損してしまうと、バイクの動きにも影響してしまいますので、注意が必要です。金属パーツのサビや劣化は、バイクを保管庫に入れたり、カバーをかけておくことで防げます。

バイクの寿命はどれくらい?

ところで、バイクの寿命ってどれくらいなのでしょうか?バイクの寿命は、エンジンまわりに異変が出ているかどうかで決まることが多いです。
エンジンからカチカチという音が聞こえているなら、かなり劣化していてそろそろ寿命ですよというサインです。カチカチの音の正体は、オイル量が不足していることや、エンジンオイルが劣化していることを知らせています。
あまり走行していないのにこのような音が鳴るというなら、メンテナンスを行うことで、音が鳴らなくなることはあるようです。

しかし、走行距離が長いバイクの場合は、そろそろ寿命だと考えたほうがよいでしょう。目安の距離は10万キロです。バイクの寿命は、正しい保管やメンテナンスによって、ある程度伸ばせると言えます。カチカチ音の他には、エンストする回数が増えている場合や、燃費が悪い場合に、そろそろ寿命というサインと言えるでしょう。

劣化しているバイクの処分方法

バイクが劣化してしまっている場合でも、処分する前に買取業者に相談してみることをおすすめします。使うことができるパーツがある場合、買取してもらえるからです。

買取業者にお願いしたら断られてしまったという時は、廃車専門業者に相談してみましょう。買取業者で買取不可とされた場合でも、廃車専門業者なら、買取してもらえる可能性が高いからです。
廃車専門業者の場合、廃車手続きも行ってくれるケースが多いので、書類手続きの手間も省けてとても楽です。劣化しているバイクが、リサイクルできる対象となっている場合は、無料で引き取りしてくれる指定引取場へ持って行くのがおすすめです。指定されている場所まで、持って行く手間はかかってしまいますが、処分費用が発生しないので、安心して処分できますよ。大切にしていたバイクを、リサイクルして正しく再利用してくれるので、環境にも配慮した処分方法といえるでしょう。
持ち込みが難しいという場合は、廃棄二輪取扱店にお願いすれば、自宅まで回収に来てくれます。回収手数料だけかかりますが、持ち込みしなくて済むのでスムーズでしょう。

悪徳業者に注意!

バイクを処分する際、処分してくれる業者を検索すると、本当に沢山の業者が見つかります。しかし、中には怪しい回収業者も多数存在するのが事実ですので、回収してくれる業者を探す際には、しっかり調べるようにしてください。大手買取専門店で依頼できれば、一番安心ですね。買取専門店で買取ができない場合は、口コミなども参考にして、回収してくれる業者さんを探してみてください。

劣化してしまったバイクでも、部品が使えたり、素材の原料にできる可能性があると分かりました。正しく回収、処理してくれる業者さんにお願いして、大切な愛車を気持ちよく処分したいですね。

バイク処分.comの対応エリア

バイク処分.com では、東京都・横浜市・神奈川県・埼玉県・千葉県のバイク・原付を無料で廃車回収いたします。

古物商認定業者
京都府公安委員会 第612240530008号

Copyright© 2014?2021 東京都・神奈川県・横浜市を中心に関東一円のバイク・原付を無料で廃車回収 バイク処分.com All Rights Reserved.